整形外科|奈良県香芝市のひろ整形外科クリニックです。高血圧、むちうち、スポーツ障害、生活習慣病についてはご相談ください。

  • 0745515888

    診療時間
    8:30~12:00 / 17:30~20:00
    ※月・水・金の14:00~16:00は訪問診療に対応
    休診日
    水曜午後 / 土曜午後 / 日曜 / 祝日
  • アクセス

整形外科

当院の整形外科について

当院の整形外科では、全身の運動機能を支える骨や関節の怪我・病気、または脊髄の治療などを行います。具体的症状、症例としては脱臼、骨折、捻挫、打撲、関節や筋肉の炎症、むちうち、椎間板ヘルニアなどが挙げられます。
当院内のリハビリテーション科と連携し、運動機能を病気やケガをする以前の状態まで回復できるよう、患者さまと一緒に取り組みます。
手足、背骨などに痛みや違和感がある場合、出来るだけ早く当院にお越しください。早い段階で治療を開始するほど、すみやかに苦痛を取りさることができ、早期の回復が期待できます。

整形外科の対応範囲

運動機能の回復

整形外科で行うのは病気やケガを治療だけではありません。それらによって損なわれた運動機能を回復することにも取り組みます。病気や怪我をする前と同様に機能を回復することが理想です。しかし仮に完全な回復ができなかったとしても、残った機能をうまく活用して可能な限り生活に支障がないようにすることも私たちの重要な役割です。これらの取り組みは、リハビリテーション科との連携も必要に応じて取り入れます。

痛みをすみやかに取りさること

辛い痛みを伴う神経痛やリウマチなどの病気や、ケガに対する場合は、できるだけすみやかに痛みを取ることも、整形外科としての非常に大事な仕事の一つです。

手術的治療と保存的治療

整形外科では状況に応じて手術を行うことがあります。その主な例は、脊椎や脊髄、神経、腱、骨の接合、人工関節の置換などです。時には事故などによって切断されてしまった指や手足などを再度接合するための手術も行います。
手術を伴わない処置は保存的治療と呼びます。具体的はリハビリテーションや薬物治療を行います。

整形外科の主な対象疾患

  • 手疾患(ばね指、手根管症候群、TFCC損傷、骨折後変形癒合に対する骨切り術、キーンベック病、神経・腱断裂、変性疾患)
  • 足疾患(内反足、扁平足、外反母趾、など)
  • スポーツ疾患(疲労骨折、膝靭帯断裂、野球肘、投球肩障害など)
  • 膝、股関節疾患(変形性疾患、骨壊死)
  • 脊椎疾患(頚椎症、頚椎・腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊椎管狭窄症など)
  • 各種外傷疾患(骨折、脱臼など)

ページトップへ戻る